冨田 楓

ピアノ科 講師

岡山県出身。東京藝術大学音楽学部器ピアノ専攻卒業。同大学大学院修士課程在籍。
これまでに日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位(最高位)、野島稔よこすかピアノコンクール第2位などを受賞。
2013年、横須賀芸術文化財団主催によりリサイタルを開催。藝大モーニングコンサートのソリストに選出され尾高忠明指揮藝大フィルハーモニアとスクリャービンのピアノ協奏曲を共演。
2014年度青山財団奨学生。
土曜日担当

■メッセージ
憧れの曲を弾けるようになりたい、どんな音がするのか触ってみたい…
一音楽を愛する者として、ピアノに興味を持ってくださったのなら心から嬉しいです!
皆さんそれぞれの想いに向き合い、叶えるお手伝いができればと思っています。
音楽のある豊かな時間を、一緒に味わってみませんか?

和田華音

ピアノ科 講師

神奈川県鎌倉市出身。第9回エンスヘーデ若い音楽家のための国際ピアノコンクール(オランダ)第1位、第26回ヤングアーチストピアノコンクール第1位、第14回ショパン国際ピアノコンクールinASIAアジア大会銅賞など数々のコンクールにて入賞。
学内にて宮田亮平賞を受賞し、成績優秀者によるモーニングコンサートで藝大フィルハーモニア管弦楽団と、第34回練馬区新人演奏会オーディションにて最優秀賞を受賞し、東京フィルハーモニー交響楽団と、また神奈川フィルハーモニー管弦楽団と共演。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学を卒業。現在同大学院音楽研究科修士課程を終了。
水曜日担当

■メッセージ
お一人お一人の感性を大切にしながら、音楽表現がさらに広がるように、また学ぶべきことと楽しむこと、その二つをバランスよくできるようにレッスンしたいと思います。
音楽で人生が豊かに彩られるよう、一緒に楽しんで勉強しましょう。

橋本 專史

チェロ科 講師

愛知県豊田市出身。3歳よりチェロをはじめる。普通高校を経て東京芸術大学音楽学部器楽科に入学。和歌山音楽コンクール、大阪国際コンクールで入賞。2014年リスト音楽院修士課程修了。ハンガリーデヴレツェンドホナーニコンクール入賞。これまでに愛知県豊田フィルと協奏曲演奏、ハンガリー国内ではコンチェルトブダペストはじめ多くのオーケストラでエキストラを勤める一方、ハンガリー国立歌劇場オーケストラに2017年9月まで在籍して現在に至る。平成30年度豊田市振興文化財団より芸術部門新人賞を受賞。
木曜日・土曜日担当

■メッセージ
生徒と講師は技量、経験に関係無く「対等」な関係です。
挫けそうになった時は一緒に解決策を考え、同じ目線で指導していくことを常に心掛けています。是非お越しください。

長谷川 智恵

ヴァイオリン、ヴィオラ科 講師

神奈川県出身。東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業。現在はヴァイオリン奏者及びヴィオラ奏者として、ソロや室内楽を中心に、オーケストラの客演、音楽教育など幅広く活動している。ピアノ三重奏団~petit trio(プチ・トリオ)~のメンバーとして活躍中
月曜日担当

■メッセージ
『思い立ったら吉日!』
皆さま、習い始めるきっかけは十人十色です。ほんの少しでもヴァイオリンを演奏してみたいと思ったのならば、是非楽器に触れに来てみてください。あなたにとって素敵な吉日になりますように!

持地 麻衣

ピアノ科  講師

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学演奏学科ピアノ専攻を卒業。大学卒業後、ウィーンに留学。
大学在学中にウィーン国立音楽大学ウィーンナームジークセミナーにてマスタークラス修了。ディプロマ取得。
第3回全日本マスターズ・ピアノコンクールにて審査員賞を受賞、第47回東京国際芸術協会新人オーディションに入賞、同新人演奏会に出演。ウィーンではソロ、室内楽、伴奏でコンサートに出演。
現在は後進の指導に当たりながら演奏活動にも取り組んでいる。
火曜日担当

■メッセージ
小さなお子様から大人の方まで生徒様一人一人のご要望やペースに合わせて上達できるよう、丁寧なレッスンを心がけております。音楽を楽しむ気持ちを大切に、目標に向かい一緒に進んでいきましょう。

正田彩音

ピアノ科 講師

東京都出身。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを2020年3月卒業。在学時特別特待奨学生。ショパン国際コンクールin ASIA、大阪国際コンクール、国際ヤングピアニストコンクール、ロシア音楽国際コンクール(米)第1位、ヴァルセシア国際コンクール(伊)などで第1位、金賞を受賞。
木曜日担当

■メッセージ
複雑な世の中だからこそ、メロディーを歌い、リズムを刻み、音楽の中に身を投じて心を解放する時間を作ってみませんか?
自分しか出来ない最高の音楽を、一緒に探して行きましょう…!

北島 佳乃子

ジャズピアノ・ピアノ科 講師

福岡県出身。4才からピアノを習い始める。祖父や母の影響で幼少よりジャズを聴き育つ。高校生からジャズに転向し、作曲も始める。福岡女子短期大学音楽科卒業。2010年2月、初リーダーライブを行う。福岡から東京に拠点を移し、現在は都内ライブハウスを中心に活動中。
月曜日担当

■メッセージ
ピアノ講師の北島佳乃子です。
ジャズが中心ですが、作曲、理論、弾き語りのレッスンも行っています。
お子様から会社勤めの社会人の方まで幅広く楽しく通われています。
ジャズやってみたいけど、難しそう…と思われるかもしれませんが、生徒さん一人一人に合わせてレッスンを行なっておりますので是非一度体験レッスンにお越しください♪

岡田 澪

フルート科 講師

茨城県出身。9才よりフルートを始める。東京藝術大学音楽学部附属高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部フルート専攻卒業。同大学大学院音楽研究科修士課程修了。全日本学生音楽コンクールフルート部門高校の部第2位。2009年、茨城県民コンサートにて茨城新聞社賞受賞。現在はソロ活動の他、室内楽やオーケストラなど幅広く活動中。
水曜日、土曜日担当

小林世佳

チェロ科 講師

福島県福島市出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部卒業。現在、東京藝術大学音楽学部修士課程在学中。これまでにチェロを井上弘之、川上徹、山崎伸子、中木健二、向山佳絵子、上森祥平、河野文昭の各氏に師事。第9回泉の森ジュニアチェロコンクール中学生部門奨励賞。第14回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上部門銀賞。東京藝術大学在学中、第44,46回室内楽定期演奏会に選出され出演。福島県を中心に、医療・福祉施設、小学校にて演奏活動等アウトリーチを積極的に行う。
金曜日担当

■メッセージ
チェロは人の声の音域に一番近いとされる、とてもあたたかみのある音の楽器です。ピアノや他の楽器と演奏する曲が多く、誰かと一緒に弾く喜びは、新しい発見に満ちた大きなものです。歌うように、そして語るように、憧れの曲や音に向かって、一緒に楽しく歩んでいきましょう。

前原 亜友夢

ピアノ科 講師

東京音楽大学音楽学部器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業。リスト・フェレンツ音楽芸術大学修士課程(ピアノ)をハンガリー政府奨学生として修了、及びリスト・フェレンツ音楽芸術大学室内楽課程(ピアノ)にて最優秀の成績で修了。2021年帰国後の12月、ヤマハ仙台サロンにてソロリサイタルを開催。第59回全東北ピアノコンクール第1位並びに文部科学大臣賞、第28回大曲新人音楽祭コンクール優秀賞(第2位)受賞。第31回チッタ・ディ・モンカリエリ国際音楽コンクール第3位入賞(イタリア)。これまでにピアノを松山裕美子、山口泉恵、弘中孝、ヤンドー・イェヌー各氏のもとで研鑽を積んだ。現在、指導者としてのキャリアをスタートし、後進の育成に力を入れる。
日曜日担当

■メッセージ
音楽と関わることは、他では得られない特別な体験ができるということです。それらは皆さんにとって、貴重な思い出となるでしょう。
憧れの曲を練習したり、楽しい仲間に出会ったりと音楽と共に素敵な日々を過ごしましょう!

宮堀 諒美

ピアノ科 講師

神奈川県出身。東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学音楽学部ピアノ演奏家コース卒業。同大学卒業演奏会に選出、読売新人演奏会出演。ハンガリー・ブダペスト リスト音楽院へ留学し修士課程を全科目最高評価にて修了。横浜国際音楽コンクール・ピアノ協奏曲部門第1位、イタリア・イスキア国際ピアノコンペティションEカテゴリ(最難関部門)第1位などを受賞。
金曜日・日曜日担当

本多 和奏

ヴァイオリン科 講師

神奈川県出身。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻を卒業。
大学在学中、成績優秀者によるStudent's Concertに出演。
土曜日担当

■メッセージ
ヴァイオリンの楽しさや大変さを一緒に学んで、良い音でたくさん素敵な曲を弾いていきましょう。

山口 宗真

サックス科(ジャズ、ポップス) 講師

京都府出身。10歳よりサックスを始める。サックスをVincent Herring、Mark Gross、Antonio Hartの各氏に師事。作編曲を竹本智和氏に師事。明治大学に入学後、ビッグサウンズソサエティオーケストラに入団。在籍時にコンサートマスターを務め、在学中よりプロ活動を始める。現在は、スタジオワーク、ライブなど幅広く活動。作編曲家としても精力的に活動し、数多くの楽曲提供を行う。
水曜日担当

江澤 茜

サックス科(ジャズ、ポップス) 講師

東京都出身。中学入学と同時に吹奏楽部に入部し、サックスを開始。
在学中に聴いたザ・グレン・ミラー・オーケストラの演奏に影響を受け、ジャズに興味を持つ。昭和音楽大学ジャズコースを優等賞得て卒業。
2019年には西オーストラリアで行われたPerth International Jazz Festivelにてリーダーバンドで参加し、高い評価を受ける。
2021年に自身の1st album『Thaw』をリリース。サックスを近藤和彦氏に師事。
月曜日担当

■メッセージ
音楽は人の心を夢中にさせたり、癒したり、勇気付けたりとたくさんの力を持っています。皆さんもサックスを通じて音楽をより身近なものにしてみませんか?一緒に楽しみながらレッスンをしていきましょう。

小野華那子

アルパ科 講師

青森県弘前市出身。8歳よりアルパを始める。2013年第9回全日本アルパコンクールにて準優勝、国際交流協会賞・千葉日報社賞を受賞。その後2014年にアルパの本場である南米パラグアイへ留学をし、現地にて演奏経験を積み帰国。帰国後は劇版音楽制作の作曲、ランチタイムコンサート全国ツアーなど全国にて演奏活動を行う。
学校公演、国立 弘前大学特別講師等文化広報の活動も務める。自ら全ての曲を編曲しパラグアイ音楽等、ラテン音楽やポピュラー音楽を演奏をする。
不定期

上杉 彩乃

ピアノ科 主任講師

東京都出身。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻卒業。これまでに教育連盟ピアノオーディションにて奨励賞、第11回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA地区大会銀賞などを受賞。室内楽団ザルツブルガー・ゾリステンと東京オペラシティリサイタルホールにて共演。クラシックだけでなく、ポップスやジャズといったジャンルでも活動。多数のアーティストのレコーディングなども手掛けている。
火曜日担当

島内菜々子

声楽科 講師

都立国立高等学校、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院音楽研究科声楽専攻修士課程修了。
二期会オペラ研修所第60期マスタークラス修了。成績優秀者による「新進声楽家の夕べ」に出演後、鈴木秀美指揮・二期会ニューウェーブ・オペラ劇場「アルチーナ」オベルト役にて二期会デビュー。
ロシア、ウラジオストク青年国際コンクール声楽の部第1位。
2019年より渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院にてディプロムを取得し帰国。
ソリストとしてフォーレ「レクイエム」に出演。
二期会会員。
土曜日担当

■メッセージ
一度は歌ってみたかったあの歌を歌いたい、ずっとやっていたけれどもっとレベルアップしたい、などなど、それぞれの方のご希望に沿ってレッスンをさせていただきます。
声は健康のバロメーターでもあります。
一緒に気持ちよく声を出して、身体も心も解放しましょう!

Aya

ヴォーカル科(ポップス) 講師

【生徒さんへのコメント】
初心者の方でも分かりやすく、そして、楽しく本格的なレッスンを心がけています。
まずは、一度、体験レッスンを受けに来てください。
あなたの歌の悩み、一緒に解決していきましょう。

ヴォーカル教室の特設ページ

【プロフィール】
玉川大学 声楽専攻卒業。在学中は、ブライダル系シンガーとして聖歌隊、アカペラなどで活躍。卒業後、YAMAHA系音楽教室にて指導。講師歴は12年目(2019年現在)、小学生~70代にいたるまで、100人以上。声優、アイドル、バンド、オリジナル曲など、様々なジャンルの生徒指導歴あり。LOVOCボーカル教室主催のプロフェッショナルインストラクター講習を修了。2019年5月より、プレミアム音楽教室でボイストレーナーをスタートする
木曜日担当

手使海ユトロ

作曲科 講師

20代後半より全くの独学で音楽を修得。ロシア国民楽派を志向し、大陸的で幻想的な音楽を構築するアンビエント音楽の作曲家。クラシックから民俗音楽に至るまで多種多様な下地にエレクトロニクスの洗礼を受けたデジタルサウンドと国籍不明なエスノとの融合が、人間のもつ郷愁に心地よく響く作品群は、アンビエント&メロウと位置付けられている。
北京におけるオーケストラとのライヴ・コラボレーション、手塚真監督作品「妖怪天国」、村上龍監督作品『ラッフルズ・ホテル』他、映像音楽中心の作曲家。2011年頃から音楽ユニットのプロデュースも始め、自身もメンバーとして演奏する「夢幻華紋」の他、室内楽グループ「メタモルフォーゼ」「Piece of Peace」等も手がける。代表曲に「風たちとの出逢い」(世界ウルルン滞在記テーマ)、「夢海路」(APEC横浜レセプション曲)、組曲「東方見聞録」などがある。
金曜日担当

桜井 大士

ヴァイオリン科 特別講師

埼玉県生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ヴァイオリン専攻卒業。同大学内にて福島賞、及び同声会賞を受賞。同大学大学院修士課程を修了。大学卒業時から本格的にソロ活動を開始し、ヴィヴァルディ「ヴァイオリン協奏曲“四季”」など、これまで3枚のCDをリリース。現在は、「バッハ無伴奏ヴァイオリン全曲演奏会」や「ブランデンブルグ全曲演奏会」(ヴァイオリン&指揮)の他、オーケストラのコンサートマスター、名曲コンサート、子供向けコンサートなども手掛けている、新鋭バンド“El Cielo 2020”のヴァイオリニスト。2018年春に「バッハ無伴奏ヴァイオリン全曲CD」を発表予定。
火曜日担当

■メッセージ
楽器を奏でる楽しさは多くの人を魅了します。そして楽曲の様々なシーンを彩るヴァイオリンは、その愉しみを代表する楽器の一つでしょう。弾きたい曲が弾ける喜びは格別です。私がその魅力的な世界に貴方を誘います。